スティッカムで簡単ライブ動画配信

2009年01月17日

防災とボランティアの日に

防災とボランティア週間 ロゴ.jpg

14年前の今日、5時46分52秒に発生した阪神・淡路大震災は、死者:6,437名、行方不明:3名、負傷者43,792名、避難人数:30万人以上、被害総額:10兆円規模にのぼりました。
この後も起こった多くの災害の犠牲者もあわせ、冥福を祈ります。
posted by まちひとこねくしょん at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

1月15日の防災イベントと東京JC中央委員会の「中央区防災システム・セミナー:

1月17日の阪神・淡路大震災の日を前に、その犠牲者への冥福を祈り、その教訓を生かすための特別番組として、1月14日の中央エフエム84.0Mhz.「まち・ひと中央」は、13時〜14時に」防災特番をお送りしました。1月14日の中央エフエム84.0Mhz.「まち・ひと中央」は、13時〜14時に」防災特番をお送りしました。

その阪神・淡路大震災を契機に、今年も閣議了解により設けられた防災とボランティア週間における内閣府のイベントに中央エフエムは協力をしています。
一つは、1月15日タイムドーム明石で開かれるキックオフミーティング
「首都直下地震にどのように備えるか?〜自助・共助の観点から考える〜」イベントです。
このミーティングの様子は、本日1月15日18時30分〜21時、特設サイト「防災とボランティア週間 映像中継サイト」と、このサイト上部でご覧いただけます。

昨日は、このミーティングに出られない東京青年会議所中央委員会の猪股委員長、佐川副委員長・防災事業委員長をスタジオに向かえ迎え、昨年9月の防災フォーラムと10月からの連続防災セミナー「中央区防災システムセミナー」のお話を伺いました。

中央区防災システムセミナー メニュー表
JC 中央区防災システムセミナーメニュー表.jpg
posted by まちひとこねくしょん at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

地域メディアの日常・非常

街・人の情報を集め・整理し・発信・記録する地域メディアは、日常で使われてこそ、非常時に役立ちます。

多くの人が携帯・デジカメ・ビデオ機能を持っている時代では、
Webを活用し
音声とともに、映像・写真・地図・テキストなどで発信しやすく、
記録・整理・利用しやすくすることができます。

Web上での利用者参加型の、
カレンダー+ダイアリー+マップを、
’カレンダリーマップ’と名付け、
地域の予告・共時・記憶と防災・被災対応に使えるよう、
準備しています。

地域メディアの日常.jpg地域メディアの非常時.jpg

<記録:藤井俊公>


posted by まちひとこねくしょん at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。