スティッカムで簡単ライブ動画配信

2007年09月20日

地域で必要なこと調査と中央区社会福祉協議会の活動

 内閣府が2003年に行った「国民生活選好度調査」での
地域で必要な取り組みアンケートでは、
1.防犯や防災に向けた対策
2.高齢者への介護・福祉
3.少年の健全な育成
4.身の回りの環境保全
5.祭りなどのイベント
との結果がでています。

地域で必要なこと

 日本橋・銀座・築地など日本の企業・商業の中枢である中央区も、佃・月島・晴海ばかりでなく、人形町・馬喰町・横山町・浜町や八丁堀・明石町・入船・湊・新川など、昔からの住民に加えて都心に移り住む人も増え、住民票人口も10万人を再び超えています。

 社会福祉協議会も中央区においては、従来の高齢者への介護・福祉だけでなく、在宅福祉サービス事業、成年後見支援事業、ボランティア活動推進事業、障害者就労促進事業など、行政・企業の手が届きにくい分野を超えた活動を、ボランティアとともに運営・支援されています。  9月1日のWRC(うぃーくえんどらじおしてぃ)に出演してその活動を伺わせていただいたお礼かたがた、八丁堀の事務所の豊田事務局長を訪ね、事務所内のボランティア区民活動センターの方々とも一緒に、写真を撮らせて頂きました。
中央区社会福祉協議会

 10月は、中央区環境保全ネットワークが主催される「子どもとためす環境まつり。11月は、健康福祉まつり。9月の総合防災訓練でお会いした方々と、また会えそうで、企業の参加も増えているそうです。
こんなとこにこそ’まち・ひとコネクション’が広がっているのですね。
 この高齢社会、なんでもサービス産業化してばらばらになってしまう時代、
江戸時代の下町文化が残る中央区において、
市民・行政・企業と連携した、新たな都市生活モデルができるかどうか?
 それは、個人と仕事を割り切らない、情を大切に・楽しむ生き方にこそあるのでしょうか?


拡大地図を表示

<取材・記録:藤井>
posted by まちひとこねくしょん at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活動・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56210769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。