スティッカムで簡単ライブ動画配信

2009年09月29日

都心日本橋に住む人・働く人・訪れる人の 「第2回防災助け合い宣言」と「第一回地域防災訓練」

9月25日日本橋3丁目で、「第一回地域防災訓練」が行われました。
これは、昨年9月の「防災助け合い宣言」以来、準備を重ね、参加者を増やしての「第2回防災助け合い宣言」と伴に実施されたものです。
  日本橋三丁目から「防災助け合い宣言」の準備が進んでいます
  震災対策協議会「防災助け合い宣言」を中央区長に報告
00日本橋3丁目地図(gooMap)より.jpg 01八重洲中央口から.jpg 03中通り.jpg

04本部看板.jpg 05第.jpg 09第1回地域防災訓練.jpg
主催:防災区民組織 日本橋三丁目西町会・商店会連合会 
   震災対策防災協議会(災害助け合い宣言参加事務所)

訓練の内容は、震災被災発生後、各事業所からの避難と被害報告を災害対策本部が集約し、防災センターへ連絡するとともに、自主救援活動を体験することでした。設営隊・総務隊・救護隊が編成され、対策本部がもうけられ、消防署・中央区防災センターと連携を取ることを想定しての訓練でした。
10 被災状況 届け.jpg 10-2参加届け(避難届け).jpg 11被災状況受付.jpg 12消防署への被災状況届け.jpg 13消防署への届けから支給物配布へ.jpg 15防災区民組織 災害対策本部の避難(参加)状況の確認.jpg 16災害本部からのオートバイ伝令へ被害状況の報告.jpg 17消防署からの情報.jpg
地域事業所から集まった「被災者・帰宅者・避難者」は、本部に届け出を出し、また被害状況を報告し、支給物を受け取ります。
その後、地震体験車・応急処置・救命措置・重傷者の移送などの体験してゆきます。
21起震車体験.jpg
21心臓マッサージ.JPG 22重傷者移送体験.jpg 23軽傷者応急体験.jpg
本部は、中央区防災センターへ被災状況を伝え、また被災対応情報を受け取り地域に伝えます。
通信回線不通を想定した、オートバイ連絡も実施されました。
31本部長挨拶.jpg 32日本橋消防署挨拶.jpg 33中央区防災課 挨拶.jpg 34日本橋消防団 挨拶.jpg
震災対策防災協議会災害助け合い参加事務所の申し込み参加企業64社に、当日4社も増え、
職場・住宅から集まってきた方々の姿は多様で、消防隊・消防団や自治会役員の防災訓練とは縁の薄い方が多く、被災対応を新鮮に体験されていました。
41対策本部長の謝礼.jpg 42野田副本部長の謝礼.jpg 44日本橋3丁目のおかみさん達.jpg
住人・社員・アルバイト・関連職員・取引先・お客様・通行人など、地域に関わる人すべてを想定した’防災助け合い宣言’にのっとった訓練でした。
訓練終了後、現場を片付ける協議会主要メンバーとともに、町会のおかみさん達の姿が心強く感じました。45本部長・副本部長 訓練終了.jpg 被災時の公助は、最悪の場所・緊急を要する重傷者に限られます。自助・共助による、被災直後の避難・救助から生活・事業を復旧してゆく速度こそが地域の持続性です。特に都心機能の存続は他地域・他国家との競合優位性の確保にあるのでしょうから。
住む人・働く人・訪れる人全て、動ける人が助け合うための訓練こそ、
町火消しの伝統を引き継ぐ日本橋らしい防災訓練でした。
  防災センターの役割と市民・企業の連絡
日本橋での企業内消防隊訓練
  日本橋消防署 自衛消防訓練審査会
  防災センターの役割と市民・企業の連絡
  地域で必要なこと調査
  防災月間を終えて:地域防災メディアの必要性
<所感>
防災は、知る→理解する→対処する
       (モノをそろえる→組織をつくる→訓練をする)
          その結果を精査して、より効果的な対処をする
という循環を繰り返すことです。
この街を大切にしようとする訓練が繰り返され、顔見知りも増え、信頼感も増して、臨機応変の対処・協力も可能にになってゆくのでしょう。
 今回の訓練の要は、避難者・被災状況の情報集約でした。住宅地なり組織内だけなら、持続的な関わりを持つことも可能です。 しかし、日本橋消防団長の鹿島さんでさえ、現代における首都直下型震災でおきることは、想定しきれないとおっしゃっています。住民11万人・働く人数十万人・訪問者数十万人が日々動いている中央区。特に大規模建築が集積する規模にたいして、避難者の情報管理、被災状況の把握など、人間の事務記録能力を超えています。
何らかの道具・機械・システムを使って情報は、瞬時に登録・集計・連絡されてゆく必要があります。それは、だれもが使っていて、日常の地域の顧客サービスに活かすことができれば、地域活性化をすすめ、地域持続性を支える要素の一つになるでしょう。

取材・記録:藤井俊公
posted by まちひとこねくしょん at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活動・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。