スティッカムで簡単ライブ動画配信

2008年11月25日

日本橋消防署による都市型災害に備える震災消防訓練

00演習開場パノラマ.jpg
10月18日、日本橋箱崎町親水公園テラス一帯で、東京消防署第一方面消防本部・日本橋消防署・日本橋消防団主催による、大規模な地震が発生したとの想定の消防演習が行われました。
01演習開始 本部.jpg 03本部.jpg 03演習会場.jpg  
中央区は本来、日本橋川・神田川・隅田川・亀島川など、江戸時代からの運河と橋の街。

演習の重点は、
1)水難救助
橋からの転落者救出を想定した水難救助演習
水上からの救助演習 映像
水中からの救助演習 映像
11水難救助.jpg 12水難救助隊.jpg 13水難救助隊.jpg
14水難救助ゴムボードから.jpg 15水難救助移送.jpg 16救急隊物資隊.jpg
17水難救助 船.jpg 18水難救助.jpg
2)長時間放水体制
川の水利を活かした、消防団による可搬ポンプを繋げての放水演習 映像
31可搬ポンプ 取水.jpg 32 再送水.jpg 32送水.jpg
33送水・放水.jpg 33放水準備.jpg 34送水開始.jpg
消防艇の強力な送水力を活かした第1方面隊8隊による放水演習 映像
41消防艇2隻からの給水.jpg 40消防艇からの給水.jpg 42消防艇から防災埠頭へ.jpg
44給水桟橋からデッキ.jpg 46ホース.jpg 47ホース.jpg
48順次放水.jpg 50放水.jpg 51一斉放水.jpg
53一斉放水.jpg

3)市民救護・避難誘導
30避難訓練.jpg 05演習本部.jpg
町会・自治会・屋形船組合(第12田中屋丸)・ボランティアの協力による演習

中央区の日本橋・京橋・臨港消防署は、丸の内・麹町・神田・芝・麻布・赤坂・高輪各署とともに、東京消防庁第一方面本部に所属しています。

参加車両は、
船艇隊、水難救助隊、資機材輸送隊、ポンプ隊、救急隊、指揮隊等 23隊

参加者は、
日本橋消防署を中心とした東京消防庁第一方面消防署 等150名
消防団員、町会・自治会、屋形船組合、ボランティア等 250名

防災機関として、指揮系統の明確な演習と評価が行われました。
61講評.jpg 62講評.jpg 63講評.jpg
64講評.jpg 65講評.jpg 66講評.jpg
68講評.jpg 69講評.jpg 70講評.jpg 70第一方面諸隊.jpg 71消防団長.jpg 72消防団敬礼.jpg
<所感>
防災機関からみた消防活動の段階は、
現場の人の自主消火、地域の消防団・企業内消防隊の消火、消防署・自衛隊などの組織とともに、地域を拡大して対応してゆきます。
住民からみた避難・救助活動は、行政の防災センターを軸に、自治会・地域防災委員会、主要施設・企業、そして街のインフラ・交通・通信・メディア事業者が結ばれています。
中央エフエムでも、区役所内の防災センターから、区役所内の防災センターからの各所への防災無線のテストを毎週受けています。

しかし、この縦・横の軸での防災・対応体制は、グラフの罫線のようなもの。残りの白地である、一般の住んでいる人・勤めている人・訪れている人が、それぞれの個人・家族−企業・組織人−地域人・当事者として、どう振る舞うか、都市の規模が大きくなるほど、想像を絶します。

防災関連の通信系統の縦は、総理大臣官邸→内閣府→国土交通省→消防庁→警察庁→防衛省→海上保安庁→気象庁→その他の行政機関−日本赤十字社等指定公共機関となります。横は、消防庁から都道府県→市町村→住民。
今年の8・9月の八都県市合同防災訓練では、中央エフエムは茅場町のスタジオから出て、晴海会場にて、仮設の放送ブースを設け、FMラジオとWebTVによる移動生中継放送を行いました。銀座地域・月島地域の訓練状況は、日本アマチュア無線連盟東京支部の協力で、現地から状況を、仮設ブースを隣にして、伝えてもらいました。
防災センターの役割と市民・企業の連絡
8月31日の中央区総合防災訓練と放送概要
今年の防災月間は、FM・WebTV・記事ブログの三元取材・中継・放送で
8月31日中央区総合防災訓練 晴海合同訓練会場からの現場中継放送の予定
8月31日中央区総合防災FM・WebTV同時生中継放送と「まひ・ひと中央」プロジェクト
H20中央区総合防災訓練 案内

さて、実際の被災対応は、規模が大きくなるほどに、遠隔地との連携が必要になる。毎年1月17日を中心に、内閣府防災担当の主催する「防災とボランティアWeek」が近づきます。2009年1月のテーマは、「首都直下地震にどう備えるか? 大規模災害時における地域連携の方向性を考える(仮)」として、中央区でのワークショップが計画されています。
中央エフエムでも、緊急に、メディアとしての地域連携の手がかりをたぐってゆかなければなりません。同時に、どのようにその住人・勤務者・訪問者から情報を得て・整理し・伝えてゆくのか、ラジオはラジオ、TVはTV、ネットはネット、携帯は携帯と言っている分けにはいかなくなっています。
<取材・記録:藤井俊公>
posted by まちひとこねくしょん at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活動・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。