スティッカムで簡単ライブ動画配信

2008年10月24日

防災月間を終えても

8月から9月にかけての地域防災関連の取材・放送・Web掲示を重ねてきました。
10月に入っても各地・各組織での防災活動はつづいています。取材させていただいた、
10月17日(社)東京青年会議所中央地区主催の「中央区防災セミナー 第1回」
10月18日 日本橋消防署震災消防訓練
などは東京青年会議所、第一消防方面隊など、中央区外とも連携する活動です。
(追って、記事ブログとして掲載させていただきます。)

<地域>
日本橋三丁目から「防災助け合い宣言」の準備が進んでいます
震災対策協議会「防災助け合い宣言」を中央区長に報告

<市民>
日本アマチュア無線連盟取材 ハムフェア2008
<行政・市民・防災機関>
防災センターの役割と市民・企業の連絡
今年の防災月間は、FM・WebTV・記事ブログの三元取材・中継・放送で
H20中央区総合防災訓練 案内

<防災機関・企業・市民>
京橋消防署 平成20年度自衛消防訓練審査会
臨港消防署 平成20年度自衛消防活動審査会
日本橋消防署 自衛消防訓練審査会

中央区内消防団合同点検

<企業:JC>
9月17日中央区防災システム2008フォーラム 
(9月23日15時ー17時:中央エフエム84.0Mhzにて実況録音放送)

防災活動・被災対応準備は、まだまだだと言っても、それぞれ行政・防災機関・企業・地域団体・家庭などで、やろうとする意志とその結果は自己責任。まず、自分・自分たちからと取り組んでいる方・組織も増えています。防災機関としての消防署・消防団の日常の活動は、合同点検でも伺えます。中央区防災課は、防災拠点運営委員会にて自治組織の防災活動の再編・支援を続けています。企業は事業持続のための計画・運営方法を定めると同時に、自衛消防隊や、所轄の消防団への参加を進めています。また東京商工会議所の防災啓蒙活動とともに、(社)東京青年会議所の連続8回の「中央区防災システムセミナーも10月から始まります。
このような個別の理解・準備を生かす共助のためには、まずお互いがどんな課題があり・対応ができるのか、知り合うことから始まるのではないでしょうか? 

<地域メディア>
8月31日中央区総合防災FM・WebTV同時生中継放送と「まひ・ひと中央」プロジェクト

8月31日には、行政だけでなく、企業・アマチュア無線クラブ・市民活動者など、多くの方の協力・参加をいただいて、訓練としても、現地中継生放送ができました。

<所感>
日常の地域生活・事業活動の陰に、このような防災活動が多重につづいています。
住んでいる人でも自治会などの活動はご存じでも、企業・組織の防災活動を知る機会は少ないでしょう。まして、訪れる人・通勤している人、そして新たに移転されてきた地縁・血縁の薄い人が、地域の様々活動主体を知ることも、どのような防災体制があるのかもわかり得ないでしょう。
いざというときの自助・共助・公助のため、お互いが信頼しあえる関係をもてるように、伝えつづける仕組みを、地域メディアからもつくってゆこうと考えています。
’信頼関係’とは、全てをたよることではなく、相手に期待しうる範囲を知り合いいざというときにその範囲で応えあえる関係のことですから。

<記録:藤井>
posted by まちひとこねくしょん at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。